やっぱり気になる副作用 | 性に悩める女性たちのための治療薬特集!元の熱々な関係を取り戻そう

やっぱり気になる副作用

散らばっている薬

バイアグラのような治療薬を使用するにおいて、皆さんが一番心配なのは、やはり副作用でしょうか。
風邪薬や頭痛薬のような日常的に服用する機会が多いお薬は、どのような感じなのかは想像ができますが、バイアグラみたいな性に関するお薬を服用する機会はあまりないでしょう。
ここでは、ラブグラという女性用バイアグラを服用するうえで起こる副作用や、飲むタイミングなどをご説明致します。
まず、副作用ですがどのような症状を起こすかは人によって違ってきます。
発熱、頭痛、下痢、消化不良、めまい、鼻づまり、アレルギー症状などがあります。
こればかりは個人差があるので、ほとんど出ない人もいれば、これらの症状以外を発症したり、その状態が長引いたりすることもあります。その時は服用を速やかに止めて、近くの病院に診てもらいましょう。
なので、初めて利用する方はいきなり一錠飲むのではなく、ピルカッターで錠剤そのものを分けて量を減らして飲んでみるとよいでしょう。
この時、ピルカッターが無いからといって通常のハサミやカッターナイフを使用するのは止めましょう。均等に分けることが困難になるだけでなく、衛生的にもよくありません。
続いて服用するタイミングですが、寝る前に性行為がしたいからといって、食後に飲むのは止めましょう。
ラブグラの成分と一緒に他の食べ物が胃に入ってしまうと、ラブグラの成分が吸収されるのが阻害されてほとんど効果を感じることが出来ません。
あまり胃に食べ物が入っていない空腹の状態で、飲むことをオススメします。