ジェネリック医薬品に注目 | 性に悩める女性たちのための治療薬特集!元の熱々な関係を取り戻そう

ジェネリック医薬品に注目

複数上の薬

ラブグラという治療薬は「ウーメラ」という治療薬のジェネリック医薬品です。
皆様はこのジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがありますか?ここ最近で注目されている新しいお薬のシステムなのです。
元々開発されていた一つのお薬を日本人向けに販売するために加工、審査を入念に行い低価格で患者さんに提供するお薬なのです。
何故、外国のお薬を加工までして販売するのか、100%日本で作られたお薬を使用すればいいのではないか?と疑問に思われる方もきっと多いはずです。
確かに100%日本製の商品の方が安心は出来るかもしれません。しかし、何もない状態でお薬を一から作ろうとなると莫大な資金と途方もない時間が必要になってくるのです。
まず、お薬を作るための施設が必要になりますよね?ない場合は一から建てる必要があります。そして、その施設を充実させるための維持費も必要です。作るための設備や道具も用意しなければいけません。
次に人材です。どんなに物がしっかりしてもそれらを使いこなす人がいなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。この人達の人件費がかかってしまいます。
最後に薬の元となる材料です。これがなければ何も始まりません。日本にない植物が必要なときは輸入する必要があります。
どうですか?簡単にまとめただけでもこれだけの費用がかかってしまうのです。しかも、完全なお薬を作るには1年や2年では間に合いません。10年はかかるといわれています。
このような手間をかけるような余裕は製薬会社にはありません。
ジェネリック医薬品なら開発費も材料費もほとんど必要じゃなくなるので、低価格で提供出来るのです。